豊かな”宇和海”海の恵みでつながろう!!豊かな”宇和海”海の恵みでつながろう!!

愛媛県立長浜高校

イベント開催日:2020/11/15・11/22

エリアイベント概要 海の郷土食レシピ
※昨年の実施風景

概要 About

私たちの海「宇和海」では、リアス式海岸の複雑な地形を生かした養殖業が昔から盛んです。中でも真珠やハマチ、マダイの養殖が盛んです。また、沿岸漁業も盛んで、市場には多種多様な魚種が水揚げされます。
私たちが養殖や沿岸漁業をこれからも続けていくためには、自分たちの海の環境を知り、守っていくことがとても大切です。
イベントでは、養殖マダイのいけす見学や、地元水産加工業者の工場見学・製造体験などを通して、自分たちの海を学習し、私たちの海を全国に知ってもらうためにオリジナル商品の開発を行います。
そして、私たちの豊かな海を未来に引き継いでいくため、今何ができるのかを考えます。

#海の郷土食レシピ Prezentation

愛媛のテーマ食材を使って、自宅で楽しんでいただける郷土食レシピをご用意しました。
STAY HOMEの中で地域の海を考えるきっかけになれば幸いです。

炊き込み鯛めし
愛媛県の県魚でもある"真鯛"を使った郷土食。焼いた中骨と一緒に炊くと風味が一層引き立ちます。
レシピ協力:秀長水産株式会社
材料(4人分)
  • 3合
  • 真鯛の切身300ℊ程度
  • 出し昆布10cm角
  • 真鯛のあら(中骨)適量
  • きざみ海苔適量
  • 小さじ1
  • 大さじ1.5
  • 薄口しょうゆ大さじ1
  • 濃口しょうゆ大さじ1
作り方
  • 1. 米を洗い、水につけたまま30分間置く。真鯛の切身を5切れ程度にカットする。
    ※この時たて骨を取り除いてください
  • 2. 出汁が出やすい様、昆布に切れ目を多く入れておく。真鯛の中骨を炙る。
  • 3. 材料を入れて炊飯する。水加減は通常通り。調味料を入れ、米の上に出し昆布と炙った真鯛の中骨、真鯛の切身を入れて炊く。
  • 4. 炊きあがったら昆布を取り出し、真鯛の身をほぐしてご飯とよく混ぜ合わせる。
    ※この時、骨が残ってないか気を付けてください。
  • 5. しばらく蒸らす
  • 6. お好みできざみ海苔をふって出来上がり。
各地域の水産関係者をSNSで応援!各地域の水産関係者をSNSで応援!
海の郷土食を作って・食べて・守ろう!SNSキャンペーン海の郷土食を作って・食べて・守ろう!SNSキャンペーン
キャンペーン概要はこちら
海の郷土食を作って・食べて・守ろう #SNSキャンペーン開催中