未使用資源であるイワシの有効利用の為の商品開発未使用資源であるイワシの有効利用の為の商品開発

富山県立滑川高等学校

イベント開催日:2020/09/29・10/23

エリアイベント概要 海の郷土食レシピ

概要 About

富山湾は立山連峰から流れる豊富な栄養分を含んだ水によって、「天然のいけす」とも呼ばれ、豊富な海産資源があります。
滑川市のホタルイカは富山の春の味覚を代表する食材として知られていますが、一方で、ホタルイカ定置網にかかる「イワシ」は味が美味しいにもかかわらず、加工の難しさから捨てられてしまうこともあります。
今回のイベントでは、そんな「イワシ」に焦点をあて、オリジナル商品の開発を行っていきます。
また、持続可能で豊かな富山湾の環境を目指し、今の海の現状とこれから私たちができることを一緒に考えていきます。

エリアイベント報告 Characteristics

私たちの海の課題

海ごみの問題

富山湾は立山連峰から流れる豊富な栄養分を含んだ水によって、「天然のいけす」とも呼ばれ、豊富な水産資源があるんだ。
さらに日本国内で5つしか認定されていない「世界で最も美しい湾クラブ」にも加盟し、自然環境と漁業・観光などの経済活動がバランスよく共存している海なんだよ。
その一方で、富山湾は湾型の地形のため、海岸に流れ着くのは、ほとんどが生活ごみ。その生活ごみが富山の海を汚し、生態系にも悪い影響が出てきてしまっているんだ。富山県民にとって自慢の海を守る為にはどうしたらいいだろう?

イワシの活用方法の問題

富山県滑川市の名産、ホタルイカ。そのホタルイカ漁の定置網ではホタルイカと一緒にイワシが大漁に採れるんだけど、滑川漁港はイワシを殆どとらないんだ。その理由は漁獲量が安定せず、加工業社が少ないから。また、イワシのうろこがホタルイカを傷つけてしまいホタルイカの商品価値が下がってしまう為、滑川でのイワシの立場は「じゃまもの」として扱われているんだ。せっかくとれたイワシを無駄にしない為にはどうしたらいいだろう?

私たちが参加しました

富山県立滑川高等学校

昭和23年9月富山県立滑川高等学校をして発足。平成22年4月、海洋高校と滑川高校による、普通科・薬業科・商業科・海洋科の4つの学科をもつ総合制の新高校「富山県立滑川高等学校」が開校。
所在地である、滑川市は、富山県の北寄り新川平野の中央に位置し、東南には北アルプス、北西はホタルイカと蜃気楼で有名な有磯海に面している。

滑川市立田中小学校

明治6年9月、田中村西光寺を仮校舎とし滑川小学校を設置。
昭和29年3月、現在の滑川市立田中小学校と改称。
『豊かな心をもち、たくましく生きる子供を育成する』を学校教育目標に掲げ、
くましく行動する子供 (進んで体を鍛え最後までやり抜く)
かよく行動する子供 (思いやりの心をもち進んで実行する)
んがえて行動する子供 (自ら問題をもち意欲的に取り組む)
を目指して日々の学習、活動に取り組んでいます。滑川高校とも積極的な交流を行っています。

概要 About

  • まなび
  • たいけん
  • かいはつ

まなび

富山の海の良いところ、問題になっているところ、イワシの現状、問題点、活用のための方法について学ぼう!
富山の海を守る為、イワシを無駄にしないようにはどうすればいいかみんなで話し合っていこう。
学んだことをこれからの生活で実践していこう!

たいけん

船に乗って実際に富山湾に出てみよう!
水中ドローン映像を見ながら富山の海上・海中を一緒に見ることで富山の海のゴミ問題や、海の中の魚の様子、富山湾の特徴について理解を深めよう!

かいはつ

高校性が試作してくれたイワシを使った缶詰を実際に試食して、商品に合うネーミング、パッケージのデザインを考えよう!
滑川のイワシを無駄にしないよう、素敵な商品づくりを目指そう!

みなさんの感想

高校生の感想

  • 今回のイベントを通して自分も今まで知らなかったことについて学べ、改めて富山の海に関する理解を深めることが出来た。
  • 小学生のみんなが積極的に発言をしてくれ、一緒に楽しく富山の海やイワシについて学ぶことが出来た。今回学んだことをこれからの生活に生かしてほしい。

小学生の感想

  • 富山についてもっと知りたいと思ったし、これからの富山のみらいについてこれから考えていきたいし、イワシやあんまりにんきがなくてのこってしまう魚も何とかしないといけないと思いました。
  • さかなはのこさず食べた方がいいと思うようになりました。いろいろな資源をまもっていきたいと思いました。
  • イワシがホタルイカをきずつけているなんて知らなかったし、富山の海が世界にみとめられているなんて知らなかったので知ることができてよかった。

#海の郷土食レシピ Prezentation

富山のテーマ食材を使って、自宅で楽しんでいただける郷土食レシピをご用意しました。
STAY HOMEの中で地域の海を考えるきっかけになれば幸いです。

越中いわしのキトキト揚げ
材料(2人分)
  • いわし 三枚おろし6枚
  • 長ネギ10cm
  • 生姜1片
  • 卵黄1個
  • 山芋大さじ2
  • 片栗粉大さじ2
  • 味噌小さじ2
  • 砂糖小さじ1
  • 揚げ油適量
アレンジ食材
  • おすすめ
    チーズ・枝豆・コーン・昆布・いか・サツマイモ・キムチ(角てき)
  • 他例
    キクラゲ・レンコン・ウィンナー・ゴボウ・ゴーヤ・にんじん・しいたけ・アボカド・ゆで卵・こんにゃく・タケノコ・タマネギ・ジャコ・たくあん等
作り方
  • 1. 長ネギをみじん切り、生姜は皮付きのままみじん切りする。いわしは三枚に下ろして骨をとって、粗めに叩いてミキサーにかける。すり鉢に移してすり潰してもよい。
  • 2. ボウルに1と2と卵の黄身・山芋・片栗粉・味噌・砂糖を入れ、よく混ぜる。
  • 3. 2に好きなアレンジ具材を入れる。
  • 4. フライパンの底から3㎝程の揚げ油を注ぎ、形を作った4を180℃の油で揚げる。
  • 5. 完成!!
各地域の水産関係者をSNSで応援!各地域の水産関係者をSNSで応援!
海の郷土食を作って・食べて・守ろう!SNSキャンペーン海の郷土食を作って・食べて・守ろう!SNSキャンペーン
キャンペーン概要はこちら
海の郷土食を作って・食べて・守ろう #SNSキャンペーン開催中